TOP

製品紹介

ホーム > 製品紹介 > 工業用ゴム製品 > エチレンプロピレンジエンゴム(EPDM)

エチレンプロピレンジエンゴム(EPDM)

エチレンプロピレンジエンゴム(EPDM)

  • エチレンプロピレンジエンゴム(EPDM)
  • エチレンプロピレンジエンゴム(EPDM)
  • エチレンプロピレンジエンゴム(EPDM)

お問い合わせはこちら

エチレン-プロピレン-ジエンゴムについて

エチレン・プロピレン・ジエンゴム(EPDM)

エチレン-プロピレン-ジエンゴムは、チーグラー・ナッタまたはメタロセン触媒を使用して、エチレン、プロピレン、および非共役二重結合を持つジエンを共重合することによって形成されます。エチレンプロピレンゴム(EPM)は過酸化物(架橋)または放射線硬化のみが可能ですが、EPDMは過酸化物(架橋)と硫黄(加硫)の両方で硬化できます。弾性は架橋、加硫の程度に依存します。

EPDMは、非常に優れた耐オゾン性、優れた耐候性、および耐熱性を備えています。また、一部グレードでは150°Cまでの温度で安定しており、極性物質や蒸気に耐性があります。

ただし、ガソリン等燃料、鉱油には耐性がありません。 

その優れた特性のおかげで、EPDMは多くの分野で元々使用されていた天然ゴムから代替されきました。自動車部門と建設業界の両方で、EPDMはシール材として最も一般的に使用される材料となっています。また、ホース、ダイアフラム、プロファイル(ドアおよびウィンドウシール)の製造にも使用されます。エチレン-プロピレン-ジエンゴムは、車両のブレーキシステムの安全関連部品にも含まれています。

エチレン-プロピレン-ジエンゴムの性質

EPDM加硫物は、希酸、アルカリ、アセトン、アルコール、ケトン、およびブレーキ液などの油圧作動油に対して優れた耐薬品性を備えています。それらの非極性特性のために、脂肪族、塩素化および芳香族炭化水素、ガソリンおよび油には弱く、これらの物質に触れることで膨潤します。濃鉱酸(無機酸)と直接接触すると、加硫物が硬化または分解する可能性があります。

エチレン-プロピレン-ジエンゴムの機械的特性は、使用する充填剤の種類と量によって決まります。次の特性が一般的です。

・良好な強度値(特に連続加硫物の場合)

・硬度は広範囲にわたって変化させることができます

優れた弾性特性

・低圧縮永久歪み

・天然ゴム(NR)に匹敵する高温での引裂伝播抵抗

NR加硫物に匹敵する低温柔軟性 動作温度範囲-70〜 + 150°C(最適に調整された過酸化物加硫物の場合は最大+ 170°C)

・イソブテン-イソプレンゴム(IIR)の加硫物に匹敵する耐熱変形性(シリコーンまたはAEM加硫物よりもはるかに低い)

・熱風エージング後または高温でも比較的良好な電気的特性

・優れた電気絶縁性(高電圧ケーブルの絶縁にも適しています)

・高電圧コロナ放電に対する優れた耐性

・高圧下での熱湯と蒸気に対する非常に優れた耐性

・非常に優れた日光と耐オゾン性

・非鉱油ベースのブレーキフルードに耐性

・非常に優れた耐老化性

エチレン-プロピレン-ジエンゴムは非溶融性で、熱の影響を受けても変形しません。高温により、材料が分解します。EPDMは不溶性であり、溶接することはできません。

 

エチレン-プロピレン-ジエンゴムの使用

EPDMの使用範囲にほとんど制限はありません。使用範囲は、自動車産業から、暖房および衛生関連、発電所および空調技術にまで及びます。その優れた特性のおかげで、多くの分野で天然ゴムから代替されました。

EPDMの構造は、高い耐候性と耐オゾン性、高い耐熱性などの特性をもたらしています。エチレン-プロピレン-ジエンゴムは耐薬品性もあるため、メカニカルシールやフラットシールのOリングなどのシールに使用されています。また、お湯や蒸気に使用されるホースの一般的な材料です。

他のポリマーとブレンドされたEPDMは、熱可塑性加硫物(TPV)およびエラストマー修飾プラストマー(EMP)の製造において重要な役割を果たしています。主な用途分野には、耐候性および耐熱性または耐海水性の技術製品に加えて、ケーブルシースおよび絶縁体が含まれます。

自動車工学におけるEPDMゴム

自動車分野では、エチレン-プロピレン-ジエンゴムがホース(例:ラジエーターホース)、シールとプロファイル(例:ドアシール)、ダイアフラムの形で使用されています。特殊グレードのEPDMは、グリコールエーテルとポリグリコールをベースにしたブレーキフルードにも使用できます。ただし、鉱油製品(燃料、潤滑油)とは完全に互換性がありません。

建設業界のEPDMゴム

エチレン-プロピレン-ジエンゴムは、高品質の構造により屋根の被膜を製造するために使用されます。特別な用途には、布またはビチューメン(歴青)でコーティングされたEPDMがシーリング工事、メンブレン防水工事に使用されています。EPDMは、スイミングプールを加熱するための吸収マットにも使用されています。これらのマットは、UV、耐候性、耐オゾン性、塩素処理耐性、耐荷重性、および充填時の耐霜性を備えています。耐紫外線性と耐老化性があり、低温でも柔軟性の高い高品質のプールライナーもEPDMで作られています。さらに、バイオガスプラントでの柔軟な低圧ガス貯蔵は、エチレン-プロピレン-ジエンゴム製の膜で実現されています。

EPDMゴムの他の用途

EPDMから作られた他の典型的な製品には、コンベヤーベルト、ドックフェンダー、家庭用電化製品の部品、ローラーカバー、工業用および洗濯機のホース、スピーカーダイアフラム、フレキシブルパイプが含まれます。EPDMは、発泡剤で発泡させてスポンジゴムを作ることもできます。スポンジゴムは、非常に優れた弾力性と高い圧縮弾性を持ち、ドアガラスランチャネルやシールなどに使用されます。

エチレン-プロピレン-ジエンゴムのシート材

☆EPDMゴムシート

 タイガースポリマー㈱  

 ・EPT板-L70       汎用エチレンプロピレンジエンゴム黒色 硬度70(タイプA)  

   静的せん断弾性率1.19 JIS K 6380 該当番号:BAH70340(2020.11.01現在)

 EPT板-M65      中級エチレンプロピレンジエンゴム黒色 硬度65(タイプA)  

   静的せん断弾性率0.80 JIS K 6380 該当番号:BAH65460(2020.11.01現在)  

 マクセルクレハ㈱

 ・EB270N        汎用エチレンプロピレンジエンゴム黒色 硬度70(タイプA)   

   静的せん断弾性率1.04 JIS K 6380 該当番号:BAH70483(2019.09.01現在)

 ・EB270NE      汎用エチレンプロピレンジエンゴム黒色 硬度70(タイプA)

     静的せん断弾性率0.89 JIS K 6380 該当番号:BAH70374(2019.09.01現在)

 EB260N        汎用エチレンプロピレンジエンゴム黒色 硬度60(タイプA)   

   静的せん断弾性率0.80 JIS K 6380 該当番号:BAH60484(2019.09.01現在)  

 EB250N        軟質エチレンプロピレンジエンゴム黒色 硬度50(タイプA)   

   静的せん断弾性率0.65 JIS K 6380 該当番号:BAH50485(2019.09.01現在)

 入間川ゴム㈱

 EP-5065         汎用エチレンプロピレンジエンゴム黒色 硬度65(タイプA) 

    JIS K 6380 該当番号:

 

※上記は、エチレンプロピレンジエンゴムを主成分とした製品となります。硬度は、一般硬度が60~70°品で軟質タイプの50°品があります。メーカーによって硬度の若干の差異はありますが、概ね、前述の硬度品が一般的です。特性としては、耐候性・耐オゾン性に優れていますが、耐油性は良くありません。

※エチレン・プロピレンゴム(EPM)は、硫黄加硫が出来なく、且つ加硫がし難いため汎用のシート材はありません。

 

※各メーカーの製品カタログは、下記のサイトよりダウンロードが出来ます。

https://www.ipros.jp/company/detail/2064439/catalog/?hub=60+4537060

 

【JIS K 6380 該当番号について】

BACK
NEXT

LIST